誰だって幸福になりたい

「世の中は不公平だ…」あなたはそう思ったことはありませんか?

世の中には容姿に恵まれている、お金持ちの家に生まれた、生まれつき頭が良い…等など幸運に恵まれた”ラッキーな人”がいるかと思えば、それとは反対に不幸ばかりが訪れる”アンラッキーな人”の2種類の人間がいます。

しかも、そんな恵まれた人に限って「考え方次第で幸せにも不幸にもなる」なんて言いますが、幸運に恵まれなかった人からしてみればそんなのは嘘っぱち。不運より幸運のほうがいいのは当たり前。誰がどう考えたって明らかです。

じゃあ、不幸な人は一生不幸な人生を送らなければいけないのかというと、そんなことはありません。幸福は自分の力で掴み取ることができるのです。では、どうすれば幸福を手に入れることができるのか?

そのために必要なのが”縁切り”です。

良縁と悪縁

”縁切り”とはあなたに不幸をもたらす不必要な縁を断ち切ること。

私たちの人生に訪れる幸福と不幸は、あらゆるものとの間に結ばれた縁で決まります。お金との縁、友人との縁、異性との縁…この縁が良いもの――良縁であればあなたの元に幸運がやってくるでしょうし、悪縁であれば不運が訪れるのです。

「じゃあ幸運になるには良縁を結んだほうが手っ取り早いじゃない」と思うかもしれませんが、何事にも順序というものがあります。あなたが今現在、不幸に見舞われているのであれば、それは結ばれている縁が悪縁である証拠。

悪縁がある状態でどれだけ良縁を結ぼうと努力しても虚しい結果に終わることでしょう。良縁を結ぶにはマイナスになってしまっている運気をまずはゼロに戻す。つまり、悪縁を切って運気をまっさらな状態にしてあげる必要があるのです。

幸せが幸せを呼ぶ

幸福になるポイントは、悪縁を切り運気をまっさらな状態に戻すこと。そして、一度結んだ良縁を大切に維持し続けることです。

良縁を結ぶことであなたは少しずつ幸運に恵まれるようになるでしょう。すると、人生とは不思議なもので、新たな幸せが今ある幸せに引き寄せられるようにあなたの元を訪れるようになります。幸せが幸せを呼び、どんどん大きな幸運に恵まれるようになってくるのです。

今は小さな幸せかもしれませんが、感謝し大切にすることで、いつか大きな幸福となってあなたの元を訪れてくれるでしょう。

また、縁切りをしたことでこれまで大切にしていた人や物との別れを経験することもあるかもしれません。しかし、縁切りによって関係が途切れてしまったということは、それこそがあなたに不幸をもたらしていた悪縁だったということ。

縁切りでもたらされる別れを恐れる必要はありませんよ。